「ほっ」と。キャンペーン
conranz.exblog.jp
CONRANZ ROOM
ブログトップ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
tweeter
検索
以前の記事
リンク
カテゴリ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:PRADA PHONE CAMERA ( 11 ) タグの人気記事
とゆーことで「たも屋」とゆーセルフのうどん屋でランチ。
中華麺を一次茹でしてもらうのに10分位かかるが、あとはセルフでテボに入れてちゃっちゃっ後、うどん出汁をこれまたセルフで投入しお会計。素ラーメンだけだと280円。
拙者はどーしても魚貝系ニュアンスを入れたくて30円で「かつをぶし」をトッピング。310円でございます。

無料ネギに加えて、何となく、無料レモンものせて、無料ゴマ油と無料コショウもON。
ま、なかなかそれなりな味ですが、あっさりしたラーメン、といえば、これ以上はないんではとゆー出来。
大将コダワリの味、に疲れた時、こーゆー脱力系ラーメンもいいもんですね。

もちろんアレンジとして釜玉ラーメンとかぶっかけラーメンとかざるラーメンとかイロイロできますがもういいでしょう(笑)

しかしながら、久々にオッサン3人集まると、やはり普天間問題よりも、頭かくして尻かくさずの沢尻エリカ嬢のブルブルる~~んお尻の話題。
拙者はエリカは3年弱かけてこれがやりたかったのか!と感動し、コロリとイキマシタが、、尻あいの中にはそーでもないシトもいるよーで。
e0148199_1544544.jpg

[PR]
by conranz | 2010-05-25 15:05 | FOOD
日曜日はちとまたりできたので話題(古)のツイッターをいろいろやったン。

携帯から写メUPしてみたり、閲覧ソフトの使い勝手なんかを数時間テスト。

PCはsaezuri、携帯はモバツイを使うことに。
http://twitter.com/conrans
↑ ツイッターやってたらフォローしてねリフォローするよ!

で、さっきも源氏車で食ってその場でUP!つぶやきなどすぐどこかの屑篭に行くのだが、刹那的な拙者向きかもしれん。
しかし今日の源氏車、女史客だらけだったのだがどーゆーことだ。
しかもどこで生まれたか分からぬベッピン客が多いゾ。
拙者の中華そば油少な目に注がれたベッピン女史の視線に顔が真っ赤になったが、拙者の顔に視線が注がれることは無かったン。
ま、やはり大衆は違いが分からんもんじゃの~~。
気づいたときは死んどるぞっ!
e0148199_13372064.jpg

[PR]
by conranz | 2010-05-24 13:38 | FOOD
高知へ。
週末の高知のSAには県外車が多くて、イノシシコロッケやら龍馬塩ケンピをみんなウマウマ食っていて、龍馬ブームで盛り上がっとりますなあ。
しかし拙者は1ヶ月に3回もの高知の親戚のお葬式、とゆー、龍馬は関係なしの高知行き。
フォートは皿鉢。アルミフォイルとゴチャゴチャとした沢山感が魅力ですね。
アオモノよりイカやタコが好きな幼稚園児嗜好の拙者でも、高知の鯖寿司はうまいなあ~~と唸るのである。
しばらくしたら、49日精進落としや初盆やら、今年は皿鉢三昧であるン。
e0148199_8181417.jpg

[PR]
by conranz | 2010-05-23 08:18 | FOOD
本日は木曜日であるが、すでに週3。
おまけに今日カウンタ下にこんな告知が、、、。
e0148199_15524592.jpg

研究に余念が無いよーで、やはり若いってステキなラメン店なのだ。
しかぁし、下旬、とはなんだ!ハッキリしてもらわねば、いつかいつかとまた行ってしまうではないか。

■拙者の注文方法今日現在
1)中華そばを油少な目でお願いします。
2)つけ麺をちょっと濃い目でお願いします。
我ながら、勝手にしろっ、なのであるが備忘録でもあるのだ、オロロ。
[PR]
by conranz | 2010-03-11 15:56 | FOOD
今週4回。

執拗粘着性訪問癖がストーカーの素質ありありです。
しかも、ちょっと今日はあっさりイキタイ時はちょっと薄めで、とか、こってりイキタイときは濃いめで、とかの注文ができるのも執拗粘着性訪問癖に源氏車ならぬ拍車をかけているワケでして。
e0148199_12373189.jpg

フォートは中華そば700円ですが、最近のココの「つけ麺」は拙者にとってデフォルトでちょうどいい濃さになっています。
塩辛超濃厚(開店時)→薄い(10日前)→やや濃厚(現在)
e0148199_12375384.jpg

寡黙な(火木)シトは大盛り無料。
寡黙な(火木)女史は大盛り+●玉無料
粋な(水)シトはのせもん無料。とオヤジギャグで覚えておきましょう。
[PR]
by conranz | 2010-02-27 12:40 | FOOD
洞爺湖サミットの乾杯酒「磯自慢」で乾杯し越前ガニをつっつき
e0148199_115418100.jpg

田酒大吟醸でキモを喰い
e0148199_11542951.jpg

十四代「純米大吟醸」龍泉で河豚を味わう
e0148199_11543842.jpg


ううむ、身銭を切る宴会ではないのう。
政治家がやる宴会のよーでもある。
いい死にかたができなさそーでもある。
参加して最高、傍目からは最悪、人の世は複雑である。
[PR]
by conranz | 2010-02-25 12:04 | FOOD
昨晩、連行され、あるところで魚を食した。
魚のレバ刺し
e0148199_11573946.jpg

魚のお刺身+レバ
e0148199_1158356.jpg

レバの大きさにビックリしてると、さっさとお刺身で巻いて食べろ、と指示が出た
e0148199_11582911.jpg

しかしながら、やはり主役はこのニポン酒。上記は酒のアテである。
フォートにはないが一升瓶ごと真空パックされている真空パック酒である。
無茶苦茶芳醇で切れが素晴らしく感動した。ビンの面構えもいい!
ほかに3本の大吟醸を飲んだが、これがダントツ。
ニポン人なら米で作ったニポン酒を飲め! 師匠の声が天から聞こえてきた。
e0148199_1234413.jpg


大吟醸のニポン酒はかなり飲みすぎても悪酔い、二日酔しないのが不思議である。
[PR]
by conranz | 2009-11-28 12:14 | FOOD
非核三原則ならぬ肥満三原則である。
肥満三原則は呑む食う笑うだ、、、と今決めた。
しかし、イルもイケナイ。
こんなのがでてくる。
e0148199_19114814.jpg

タルトゥーフォと発酵バターの香りが俺の下半身を刺激する。

しかし、この赤ワイン{YUME}がソフトアンドメローで実にウマくて驚いた。
e0148199_191214.jpg

どーもワインに酔いやすい体なのだが、旨くてグビグビ呑んだら、やっぱ酔ったン。
イタリアワインの名前もほとんど知らぬ拙者だが{YUME}は忘れぬだろう。

その後、オッサンは肩を組みYUMEを語りにBAR STELLAへ。
上海でマッサージに行くYUMEを大いに熱く語ったのであったン。
[PR]
by conranz | 2009-11-19 19:13 | FOOD
鉄人を見上げて、拙者は憂いでいた。
e0148199_10513038.jpg

オデオのことではなく、これから結婚式で挨拶をしなければいけないのに、何も考えていないのだ。
早朝からの高速バスでまとめようと思っていたのに、昨晩遅くまで芋ショーチュー接待でヘロヘロ2時間睡眠の寝不足に負けて高速バスで爆睡してしまった。
まだ式まで2時間ある。
サテンでもはいって考えようと思ったら、誘われ新長田の鉄人を見に行くことになった。
ん?これは手塚治じゃったかの~?と問えば違う、横山ほにゃららですよ、ああ、横山大観か、くらいで、巨人の星は誰じゃったか?くらいの知識しかない拙者は鉄人を見上げながら、頭の中で、しゃべりだしの「新郎新婦ならびにご親族の皆様・・・・」の部分だけがぐるぐるしているのであった。

結婚式の挨拶は今日で今年3回目。
しかし、何度やっても慣れずど下手でオロロで、あがってしまうし、しかも事前準備が出来ぬとゆー、行き当たりバッタリのダメおやじぶり。
今日は予想通り特にアウェイでオロロ~~ンレベルで、穴があったら潜りたい位の内容であったのである。

しかし、神戸牛はウマイっ。

↓ made in korea携帯電話のナイースな写りっぷりっ。 docomoが世界で通用せぬはずだゎ。
[PR]
by conranz | 2009-11-11 07:35 | TRAVEL
江戸荒川区へ出稼ぎ。
「とねりせん」と読む「舎人線」にはじめて乗って目的地へ行く。
で、乗り換えのJR日暮里駅を歩いていたら、構内の本屋に「ありがとう谷根千・最終号」などとあるのでオロロ。
e0148199_18235527.jpg

昔、多分15年くらい前、このミニコミ誌「谷根千」を主催する森さんと伊予国で飲んだことがあるン。
チャキチャキ下町のおねいさんで、若くした杉浦ひなこさんみたいなシトだった。
内容はすっかり忘れたが、ハナシがとても盛り上がったのを思い出し、感慨深く最終号を買った。
「谷根千」は東京の谷中、根津、千駄木限定のミニコミ誌で森さんは文庫本や単行本も何冊も出ていた。

ハナシは変わるが、拙者の弟は下町を好み、学生時代に「根津」に住んでいた。
小さな通りがたくさんあって、道路わきには花が植えてあって、時間がゆったりしている記憶がある。
モダーンなビルも快適だが、下町もほっとする。贅沢だが両方ともいい。

パーソコンの時代になって、リアルな生情報があふれ、ミニコミ誌も役割を終えるのかな、拙者もオトコの役割を終えるのはいつかな、などとちょっとセンチをふと思い、「舎人線」に乗り込んだ。
[PR]
by conranz | 2009-10-26 18:28 | TRAVEL