conranz.exblog.jp
CONRANZ ROOM
ブログトップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
tweeter
検索
以前の記事
リンク
カテゴリ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
nomchaさんのロイヤルサルーーン、ふるっ、がぶう=~と止まった。
komachiの切り抜きをファイルにはさんで、時間ある?これからココいくよくるよ。
時間ある?などと申されるのはワケありで、いくよくるよのランチの場所は例のタミフル松前のまだ先で遠い。
おらおら~~働くオトコの昼飯なんぞ、カアチャンの手弁当か花花うどんでちゃっちゃっとやっつけ、残った時間は道路に寝る、これじゃろげ~、などとならぬハズカシチームはいざぶ~~~ん、出発う。

到着したのは海岸端に似合わぬコンクリのリッパな建造物。高級和食やさん?
暖簾をくぐるとまさにそこには料亭の坪庭が広がり、行灯が置かれ、高そうな店。
吹き抜けのコンクリ階段を上った2階は踊り場で左右に別れ、右が別館、左が本館などとなっていて座敷、小部屋、高級会議室風などの部屋割りのよーだが賑わっている気配は無かった。
さて、来客はわれわれ以外に1組とゆーお昼時だが、見回せば見回すほどこれは驚愕のお店。海を眺めながら「もつ鍋」を食すコンセプトのお店なのだ。

建物内装で数億はかかっているだろうし、露天風呂まであって、とてもいっちゃっる。
しかしながら、お昼間にカフェなら有閑マダムや勇敢オサンが海なんぞ見ながら年を重ねようじゃないか、などとなり来るかもしれんが、モツ鍋とは、オーナーが大好きなのかもしれぬ。
こーゆー商売のカタチもあるのだろう。素晴らしい。
で、さすがにモツ鍋でお昼をするニポン人はいないのでお昼の菜単に「もつラーメン」がある。
みんなでソレを注文。
もつラーメンの具は「もつ」or「ブタ」から選べる繊細さもステキ。
780円で「鳥から揚げ1個」「プチコーヒー」がつく。いやはやかなり気に入ったが遠いなあ。
e0148199_6273953.jpg

感動指数★★★★★
[PR]
# by conranz | 2008-10-22 06:35 | FOOD
e0148199_6145082.jpg秋はなんでもがウマい。
で、もっともっと食いたい、と、欲の大半が食欲に振れる。
危ない危ない。
これから暮れにかけて、一番自分に甘くなる季節だ。
今年も無事生きてて良かった!食うぞお!とか
今年も不景気だった!食うぞ!とか
今年ももてなかった!食うぞ!とか自棄食いの類
先日、ゴルフでご一緒したのが「たまご会社の社長さん」
名刺代わりにたまごを沢山頂戴した。
ゴルフはうまいしナイスなシトだ。
初めて会ったがキャバクラへ行く約束をしてしまう。
ちなみにこのシトは酒が飲めない。


で、朝、KAMADOでご飯を焚く。
たまごを割って、山葵を少し、生姜を少し、出汁醤油をかけて食う。
んんまあ~~~
e0148199_6151713.jpg

多分、生姜とか入れるのって「分とく山」の野崎さんのアイデアだったとおもうが、甘ったるさがキリリと締まり、キュッとした味になる。
そういえば「春光亭」のラーメンのお出汁にも生姜が潜んでいるとか。
和食のアイデアはシンプルで奥が深いなあ。
[PR]
# by conranz | 2008-10-21 06:33 | FOOD
会場内の簡易テーブル真上にお日様がいる。
とても暑い。
お昼前に今年最大のイベント「第2回愛媛ラーメン博」会場に着いて天を見上げた。
脂や油、ブラのスメルが会場内に漂って、拙者はやおらハッピになるが、同行人はそーではないらしく、気持悪い、と倒れこんだ。ヘパフィルターの中でしか生きられぬ細菌のよーだ。
しかし、中々賑わっている。賑わいはバーゲンに群がるおばちゃん同様に興奮を刺激する。
ヒイキのお店も出店していて、やおら、我が事が如しで更に気分がアゲアゲ歌舞伎町。
e0148199_6171698.jpg

もっと列ができぬものか、ハララオロロとしながら、ヲヲッ向こうの大行列はなんじゃ、何故銀ちゃんラーメンのよーなのに気の遠くなるよーな列がっ、チョンワー、をい、マキ、何をつっ立っとんじゃ、押し込め大久保、そこのプラカードのブサイク、やる気を出さんかー、もっと声を出さんかー、シュプレヒコールじゃ、しまいにゃ突っ込むぞ~ファックション、いやレッドカードじゃ~、そんなバナナダイエット、誰も並んどらん、おまいらワカらんか、ワカらなんだらワカらせたろかワカパイパイ、キョエー。
e0148199_6173414.jpg

おとうさん、おとうさん、おとうさん、大丈夫?
[PR]
# by conranz | 2008-10-20 06:19 | FOOD
誰かから「とんぼ」のジャジャ麺がイケますよ、と教えて頂いてたんだけど、中々機会が無くて数ヶ月、やっと今日Jさんとお昼に訪問できました。
さ~て、ジャジャ麺!とLAZYなおねいさんに注文すると、あっお昼やってないんですジャジャ麺、とつれない言葉。
いつの頃からか、つれなくされると涙目でお願いしてしまう拙者は、子犬のよーに訴えたが叶わなかった。
で、坦坦麺をセットで注文。Jさんも一緒の注文。
このJさん、小さい頃から厭味が全く無いシトで、あっ僕もそれでっ、ってな感じ。
心から尊敬していてとても仲良、なんてコトを思っていたら、ちょっともよおしたので、ちょっとはばかりに、と行ったらはばかりに「とんぼ」があった。
e0148199_762137.jpg

「とんぼ」って中々影が薄い昆虫だよなあ~、一種であろう「カゲロウ」なんてもう影すらない。
「極楽とんぼ」も無くなった。
何を言っているのか?とはばかりから我に帰るとさ~てきましたン。
丁寧に盛り付けられた坦坦麺。料理人さんの良心をとても感じる。
e0148199_764083.jpg
こーしてね、日常のお昼を仲良に食べてる。
金持ち、物持ちよりも仲良持ちってゆーけどいいもんだねえ。
全く辛くない坦坦麺。Jさんのようでホッコリとうまかった。
[PR]
# by conranz | 2008-10-19 07:06 | FOOD
チロルチョコの新聞の全面広告にぶっとんだ!
「チロルチョコ四角になって30年」と俳句調のキャンペーンで「コタツ」が当たる広告なのだがwiiにiphone時代に「おコタ」のプレゼント?
江戸の一部では、エルメスの服を着てカッシーナのテーブルでマンゴを食っているのだろうこの時代に、おこたでみかん。
e0148199_6243487.jpg
そう、たぶん、きっと、チロルは10円のチョコを子供たちに作り売っているが、失ったニポン様式、古き良きニポンのあるべき姿を再提案しているのだろう、と勝手に思っている。
喧嘩に負けて一晩おコタにもぐりこみ泣いたなあ。
乾かぬクツシタやパンまでおコタに入れて暖めたあの日を思い出し涙した。

泣き、だけでなく、笑いもこの広告にはある。
注意書きに「おばあさんと猫とみかんは賞品ではありません。」
ヒヒヒヒヒ~~~。
このキャンペーン、クイズに答えるだけで、チロルを買わずとも応募が出来るのもオオモノぶり。
現在ニートの拙者は是非この会社で働きたい!とさっそく履歴書を取り出した。
[PR]
# by conranz | 2008-10-18 06:37 | ESSEY
e0148199_7154235.jpg
春から「硬水ダイエット」を実施し、一時は9kgほど減ってたのに、やせましたねえ~ステキなどとホステスさんから誰にでもゆーお世辞を言われていい気になり、これまでの節制を取り戻すか如くの大食いで3kg戻してしまい現在70kg。
気候も寒くなってきて、中々「硬水」が飲めない日々。
とゆーことで今日から開始「バナナの朝ごはん」でやる流行のバナナダイエット。
バナナはたらふくゆっくり食べること。あとは水。

今日は中サイズ2本を食べる。何となく床に座って皮をむいているとお猿さんになった気もする。ま、この際お猿さんにまた退化するのもヨシだ。ウッキッキー。
[PR]
# by conranz | 2008-10-17 07:15 | ESSEY
今日は「春光亭」で2週間ぶりにラーメンを賞味満喫し、もちろん雑炊も楽しんだ。
で、予約をしておいたモンブランケーキをピックアップしにいったのだが、ダイエットよどこへいった。
「春光亭」をご一緒したS先輩は体系を気にして雑炊無し。
雑炊よりも「クレジット・デフォルト・スワップ」よのう~と頭と抱えていたン。
たしかに食欲も失せるほど金融景気も悪い。
今は健康ブームだけがケーキがいい。財布にやさしく、しかもやせる。はやるハズだ。

さて、この予約モンブラン、3時のおやつに早速食おう!とニヤニヤしていたら、後輩女史が部屋に入ってきた。
ををっ!見られた!
「あれっ?conranzさん、豪勢にケーキですかっ、美味しそうですねえ~~」

ああ、3個買ってオフィースで1個食って、あとは家にオミヤにしよーとクワー、しょうがない。
家族5人へのオミヤがケーキ1個になってしまった。
あとの1個420円の「内子栗のモンブラン」は後輩女史のものに・・・。
丁度、仕事で商品のフォートを撮っていたその後輩女史に、モンブランあげるけんマログ用にこのモンブランのフォートを撮ってよ。
e0148199_17245028.jpg
いけないアルバイトだ(笑) 420円!!!

モンブランっていえば細く搾り出して仕上げるのが定番だが、こーゆー仕上げもお洒落だねえ、でパクッ!
内子の山の風景が口の中に広がった。モンブランのモン、は山、だからね。
是、うまいねえ~。でも多分300kcal以上だろうなあ、オロロ。
e0148199_1725426.jpg
※内子(五十崎)の小野川のフォート by conranz
[PR]
# by conranz | 2008-10-16 17:30 | SWEETS
今日はルンルンご宴会。
会場は三番町通り沿いにある「かぶき」とゆー居酒屋は初めてだ。
自分で夜のマチに出ると、久しぶりやけんアソコもよっとかんと、あ、アッチも行けてない、などとナジミの店ばっかりになるのが今日は楽しみだ。
おおっ、タカシのスイート君!久々に会う後輩も来ていたが、拙者と一つ違いと思えぬ若さ、カッコ良さでちとジェラる。今度、禿げて老ける方法を伝授するからね!

さて、「かぶき」の入口は木の丸い戸。
おもろいねえ。戸を転がすようにして入るとかなり暗い店内だ。
小上がりにホリごたつは楽で、もう居酒屋のほとんどがこーゆー作りだ。
楽な時代である。

暗闇に目がだんだん慣れてくるか、と思ったがそーはならずで、見えない。
卵焼きをカマボコと勘違いしたり、黒豆だと思ったらアサリ、女性だと思ってお尻を触ったら男だったりした。
料理も中々ウマくて、記念にフォートでも、と思うのだが、わがカメラのシャッターはおりなかった。拙者同様夜に弱い。

で、後半に突入して「七厘で焼くイカの一夜干し 500円」を注文したら、これがスバラシくて、いっきょに七厘菜単を食う時間に突入した。
醤油を刷毛で塗り塗りしながら焼くんだけど、これはもうすぐの老人ライフで使える。
囲炉裏は無理だが、小さな七厘くらいなら家に置けるし、マイ一夜干しなんかの出来を、敬老仲間とつつきながらあーだこーだと過ごす。ハハ、いいねえ~。

「かぶき」店舗も菜単も鮭の種類も抜け目なくて今様のいい店だが、お客は少なめで、ホント世間の景気は厳しいねえ。

その後、一行はディスコへと向かうが、拙者は少々調子が悪くてリタイア、、、、と思いきや、なんいよんぞーと数人のリタイア組に拉致された。
はう~~~、体も財布も調子が悪いのにねえ、とネガティヴ思考も、拉致場所が中々ナイスで勝手に盛り上がり、その後、ラブホ街の尾道ラーメン屋さんに連行された。
今日は「のんきや」でラメンランチだったのだが、この尾道ラメンは予想を完全に裏切られうまかった!連行される途中も「はる」「はるの焼きそば」がイイよ~~などとぐずってみたのだが、一口食べてこりゃイケル!
e0148199_172434.jpg
みんなでウマイウマイと盛り上がり、ハナシの中身も何だっけ?でお開いた。

ああ、体調不良なのに体重好調な日が続く・・・・・
スープに浮いてたテンカスは食べなかったコトがせめてもの償いだ。キョワ~
[PR]
# by conranz | 2008-10-15 07:00 | FOOD