conranz.exblog.jp
CONRANZ ROOM
ブログトップ
tweeter
検索
以前の記事
リンク
カテゴリ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
悪名高きGOLDMUNDからメール。
うーんうーーんうーーーーん、、、
なにおしとんかとゆーと、バージョンアップに16マソ、、の案内にうなっている。
こりゃ、へでもこいてたほーがよいのう。
内容は、電源フィルターをカチっと装着、回路基盤の抵抗をぽちっと交換、で16マソか~~。低音の表現力がオヨヨなどとある。
いくらテロス600(590マソ)の電源フィルターを装着といってもなあ~~。

ま、つまらんバージョンアップのお知らせなんぞは忘れて鼻くそほじりながら「羊毛とおはな」でも聴こ。
e0148199_6105784.jpg

今週末の大阪のハイエンドショーでこのGOLDMUNDはんは、パワーアンプ・テロス2500(1250マソ、あほらし)プリアンプMIMESIS 22 Signature(690マソ、くあっ)でVIVIDオーディオのスピーカーG1 GIYA(ギヤ)(672マソ、ちぇーすと)を鳴らすデモをするらしー。
と、書くとバージョンアップの16マソが大金じゃなくなる感覚がこわいわほんま。
[PR]
by conranz | 2008-10-31 06:11 | AUDIO
悪名高きライブに行ったが、悪名低かったン。
e0148199_19483038.jpg
で、拙者が最近超はまっているのが沖縄音楽をやる↓の3人さん。
e0148199_19484748.jpg

今年2度目に聴くのだだが、今日もマーベラス。声もいいし、味があって雰囲気抜群。
とにかくサンシンさんがカリスマだ。
で、来月は嫌がる3人さんと、むりやり一緒にナニかをすることになった。
カリスマオキナハバンド with  conranZ

一曲目は珍そうそう、むろん涙そうそうインスパイア~だ。

はやすぎて もういちど  やりなおす僕は 珍そうそう

怖いくらいのっちゃうぞ!
[PR]
by conranz | 2008-10-30 19:51 | ESSEY
衆院選年内見送り、とのE新聞一面。
いつ選挙になるか分からないのは選挙にでるシトも大変だ。
先を作るシトが先を決めれない。オロロ。
ま、政治のシトは金を集めたり使うことや、うまくいった自慢は得意だが、非は認めず、逆境にはすこぶる弱く、また、法律や規則以外にナニかを創ることも生むこともとても下手だ。
環境適応しかないのだろうか?、と、書いていたら、拙者も当てはまるのでハズカシ。

で、御フランス行きのために期限切れのパスポートを更新しよーと行くと、窓口のオッサン3人のうちの2人が肘を突いて目をつぶり寝とったン。さえんのう。
県の赤字が云々とE新聞に出とったが、現場がこれで大丈夫かのう、行政はオヨヨよのうと、思ったら、打ち合わせと称し、スタバで女史を眺めている拙者にも当てはまるのでオロロ。

さ、RUPIさんと散歩だ。
[PR]
by conranz | 2008-10-29 07:01 | ESSEY
WEBサイトを見るので、週刊誌、漫画もほとんど買わなくなって久しいが、NEWSWEEKはオモロイので時々買っている。
視点が外国人なのでオモロイのだ。
最近のに「ニポンで活躍する専門職」みたいな特集で東京の「アイバンラーメン」のアイバン・オーキンさんが載っていた。
e0148199_713499.jpg
拙者の青春のマチ、千歳烏山のお隣、普通列車しか停車しない芦花公園にあるらしくて、これは行かねば、、、、と思っている。まだ行ったわけじゃあーりません。
アメリカ人の作る、渾身の一杯。
ううむ、日式ラメンが、寿司を超えるニポンの食文化としてパスタを超える日は近いぞ!
[PR]
by conranz | 2008-10-28 07:01 | ESSEY
おはよーでんな~~~さぶいでんな~~~~、とゆーことでRUPIさんとの愛の生活と平和温泉治療の間でお届けするマログですが、まじ昨日からさむいでんな~~。
さて、尾張名古屋の観光食生活を披露しどーしよーとゆーのでもないが、まずは「ひつまぶし」のしら河。高級でウマいらしく、しかも大混雑、とゆー超イジらしいお店。
e0148199_723886.jpg
上ひつまぶし
1,680 円!
これでお茶碗4杯は食えるのがかなりズルイ。
お吸い物は別料金なのもズルいがウマい。ウマくてズルくてややこしい。
e0148199_743566.jpg
4杯目の茶漬けで悶絶した。ウマさと量と、大後悔for体重。

で、夜は山本屋本店、ん?山本屋総本家だっけ?ハハ。
こちらもとってもややこしい。
互いに、まぎらわしい名前のお店がございますが弊社とは一切関わりがございません、などと注意書きがあり、競うように大理石と木をつぎ込んだ高級テンポでかなりお店はいやらしいほど高級でややこしくて大好き。
で、連行されたのはウマい!らしい山本屋本店。
e0148199_714292.jpg
イロイロ飲んで食って下ネタって仕上げはちょっと変化球の「スタミナモツの味噌煮込みうどん」で2310円!ちょっとなめとんかプライスで、いやはやこれでオロロだと脱ぐぞ騒ぐぞ!などと思ったが、脱帽のウマさでした。はう~。

くう~~んくう~~~ん。
あっいかんRUPIさんとの散歩の時間がリミットだ!チャオ。
[PR]
by conranz | 2008-10-27 07:22 | FOOD
メーエキ西口パミマ前にバー・サイドスリーはある。
名古屋にきて以来、空はいつもぐずついていたが、この辺もずいぶんとくすんでいる。
コリアン、チャイニーズ、脂の匂い。キャンパブソープの例の匂い。

ドアをくぐると「ジーク・ジオン!」と声がかかった。
「なんぞーそれ?」
伊予弁でつぶやき粗末なハイチェアーに腰掛け、ジーク・ジオンの説明を受けた。
ひとり裸でいるような感じだが、自棄になるほどはしゃげそうもない。
店はかなりの賑わいでフィギア?なるオモチャが目の前に雑然と置かれている
e0148199_96462.jpg
「ガンダム」
ココで落ち着いて酒が飲めるか分からぬな、などと、埃っぽい天井を見上げてたら、なんにされまちゅか?などとカウンタごしにかわいい女史が声をかけてきたのであわてて菜単を見た。
「青い巨星・情熱的な中年風味のカクテル」
そして俺のために「これが第一話なんです」と地元のテレビ局が製作したそのビデオを自慢げに見せてくれた。
カウンターの老若男女の客は覚醒し、シャーだのアムロだのザクに対する怒りだのぶつぶつつぶやき、時に歌に合わせて口ずさんだり、あっココ名シーン、などと小さくざわざわ。
店の空気が妙に暖かくなった。
そういえば名古屋はマチ全体がなまぬるかったな、などとと思い震えた携帯を見た。
メールだ。
「・・・何者かにさらわれた。話がある。至急連絡くれ。おまえは俺に借りがあるはずだ」
携帯の電源を落とした。
突然、サーベルチョコとかいかがでちゅか?とカウンタから声をかけられた。
いや、いい。
酒のおかわりをあおった。

故郷が懐かしかった。
飛雄馬が部屋から壁に開いた小さな穴にボールを投げて、庭の木に当て、戻ってきたボールをキャッチしたのをみんなでやったあの時代が懐かしかった。

随分と遠くまで来てしまっていた。もう戻れない。
[PR]
by conranz | 2008-10-26 09:06 | ESSEY
東大のDR.アミノ「大谷勝」博士のハナシを聞いた。
この博士はアミノ酸の研究に長年かかわり、JOCの医サポートメンバーとしてアミノ酸を選手に摂取させて2004年のオリンピックで室伏選手や北島選手らを金に導いた、と言われている。

健康はお金で買う時代です!とこの博士は語りだし、病院で寝たきり7年、80才まで生きました、の人生よりも、昨日まで元気そうだったのにパタっと亡くなった、の人生がいいでしょう、などと言う。
そりゃーそーだ。うん、うん。

で、人間は体重の20%がアミノ酸でできていて、10-20%(拙者は25%だが)が脂肪、残りが水分。
ゆえにしっかり、アミノ酸を体内で作る必要があるのに、年齢がいくと肉や乳製品よりもザルそばなどを好む様になってアミノ酸が欠乏し、不眠、肥満、疲労、集中力や免疫力の低下、肩こり腰痛、花粉症、などの現代病になるといい、しきりに東京大学のコノ商品をすすめるン。

まんまと洗脳されて、拙者はすぐに注文したのであった。

しばらくアミノ酸のハナシを受け売りでする日々が続くと思うが許されよ、ハハ。
[PR]
by conranz | 2008-10-24 06:15 | ESSEY
これから3日間シャチホコミソニコミヘルスのマチ「名古屋」
とにかく過密スケジュールゆえ、あんなこと、こんなこともできぬ。
特に残念なのはFMアコースティックのあのシトのところに行けぬことと団体行動ゆえ、食事に期待できぬ点。
とはゆえ、ビージネスなのであるので、しっかりと研鑽に努めるつもりだ。
そして、夜は団体フードが終わったら、ひとりホテルの部屋で聖書でも読みながら、人間とは、ニポンとは、などと思いをはせ、さらに人間を向上させよーと思っている。極み知らずやのう。
[PR]
by conranz | 2008-10-23 07:09 | ESSEY
nomchaさんのロイヤルサルーーン、ふるっ、がぶう=~と止まった。
komachiの切り抜きをファイルにはさんで、時間ある?これからココいくよくるよ。
時間ある?などと申されるのはワケありで、いくよくるよのランチの場所は例のタミフル松前のまだ先で遠い。
おらおら~~働くオトコの昼飯なんぞ、カアチャンの手弁当か花花うどんでちゃっちゃっとやっつけ、残った時間は道路に寝る、これじゃろげ~、などとならぬハズカシチームはいざぶ~~~ん、出発う。

到着したのは海岸端に似合わぬコンクリのリッパな建造物。高級和食やさん?
暖簾をくぐるとまさにそこには料亭の坪庭が広がり、行灯が置かれ、高そうな店。
吹き抜けのコンクリ階段を上った2階は踊り場で左右に別れ、右が別館、左が本館などとなっていて座敷、小部屋、高級会議室風などの部屋割りのよーだが賑わっている気配は無かった。
さて、来客はわれわれ以外に1組とゆーお昼時だが、見回せば見回すほどこれは驚愕のお店。海を眺めながら「もつ鍋」を食すコンセプトのお店なのだ。

建物内装で数億はかかっているだろうし、露天風呂まであって、とてもいっちゃっる。
しかしながら、お昼間にカフェなら有閑マダムや勇敢オサンが海なんぞ見ながら年を重ねようじゃないか、などとなり来るかもしれんが、モツ鍋とは、オーナーが大好きなのかもしれぬ。
こーゆー商売のカタチもあるのだろう。素晴らしい。
で、さすがにモツ鍋でお昼をするニポン人はいないのでお昼の菜単に「もつラーメン」がある。
みんなでソレを注文。
もつラーメンの具は「もつ」or「ブタ」から選べる繊細さもステキ。
780円で「鳥から揚げ1個」「プチコーヒー」がつく。いやはやかなり気に入ったが遠いなあ。
e0148199_6273953.jpg

感動指数★★★★★
[PR]
by conranz | 2008-10-22 06:35 | FOOD
e0148199_6145082.jpg秋はなんでもがウマい。
で、もっともっと食いたい、と、欲の大半が食欲に振れる。
危ない危ない。
これから暮れにかけて、一番自分に甘くなる季節だ。
今年も無事生きてて良かった!食うぞお!とか
今年も不景気だった!食うぞ!とか
今年ももてなかった!食うぞ!とか自棄食いの類
先日、ゴルフでご一緒したのが「たまご会社の社長さん」
名刺代わりにたまごを沢山頂戴した。
ゴルフはうまいしナイスなシトだ。
初めて会ったがキャバクラへ行く約束をしてしまう。
ちなみにこのシトは酒が飲めない。


で、朝、KAMADOでご飯を焚く。
たまごを割って、山葵を少し、生姜を少し、出汁醤油をかけて食う。
んんまあ~~~
e0148199_6151713.jpg

多分、生姜とか入れるのって「分とく山」の野崎さんのアイデアだったとおもうが、甘ったるさがキリリと締まり、キュッとした味になる。
そういえば「春光亭」のラーメンのお出汁にも生姜が潜んでいるとか。
和食のアイデアはシンプルで奥が深いなあ。
[PR]
by conranz | 2008-10-21 06:33 | FOOD